« まいどーる | トップページ | 残暑お見舞い申し上げます »

2011年8月 2日 (火)

着ぐるみの谷間を作ったよ

1年以上のご無沙汰です。管理人の零です。

ブログの方をほったらかしにしていてすみません。

仕事が忙しく、イベントやオフ会にあまり参加できず、おまけに昔使っていたパソコンが、あぽーんしまして、着ぐるみ画像がない状態でした。

普段の日記やなんかはmixiの方で間に合っちゃうので、そっちばかり使用していました。

今は、少しずつですが回復しつつあります。

さて、気を取り直して、1年ぶりの更新は・・・

「おっぱい」ですw

「着ぐるみの谷間の研究」ということで、なつきさんのやり方を参考しつつ、自分でも作ってみることにしました。

詳しい作成方法は、なつきさんところに書いてあるので省略。

材料はほとんど百均で購入したもの(靴下、糸、針、フェルト、プラ版(厚手のクリアファイル、台所用スポンジ、安全ピン)。それと、ちょっとの裁縫技術があれば簡単にできるはずです。

自分はすべて、手縫いでやりました。ミシンはありますけど、失敗が怖いので・・・。

制作開始。

Img_1324

ソフトブラとフェルトを縫い付けてます。ピンク色の部分の中にはプラ板を入れて肌タイに張りを出すようにしています。オレンジ色の部分はソフトブラ上部の延長するためのもの。

Img_1327

そして、ちょうど胸の谷間が出来るあたりで、縦方向に肌タイに縫い付けていきます。

ただし、普通に縫い付けたら、生地のたるみが出来てしまうので、ギャザー縫いをしていきます。10cm強ぐらい縫っています。

そして本来なら、下乳部分「ω」の形に縫っていくわけですが、自分の場合はあえて縫わないことにしました。

つづいて、おっぱいの中身。

Img_1325 「おい、鬼○郎!」

注)目玉のお○じではありません。(笑)

百均で購入した、靴下に以前から使用していたシリコン製の偽乳(Eカップ)を入れて、ボリュームと形を整えるために、綿を詰めています。ピンク色の部分は目ではなく乳首です。

綿を適量入れて、ポッチを作って糸で縫って形を作りました。

なぜ、ピンク色に塗ってあるのかというと・・・・・後で教えます。

Img_1326

横に百均で購入した台所用スポンジを二つに切って固定して、装着時に横に広がらないようにして固定してあります。

あとは、ソフトブラと肌タイの間に装着するわけですが、最初はマジックテープを使ってみましたが、シリコン乳の重さでずれてしまうんですよね。

洗濯するときを考慮して取り外しにしないといけないので、色々考えましたが、いい案が浮かばず・・・仕方がないので、安全ピン(方乳=4つ)で固定することにしました。

というわけで、ひとまず完成。

Img_13071 Img_13091 Img_13121

うまい具合に谷間が出来ました。

下乳「ω」の部分を縫っていませんが、うまい具合におっぱいの形になっていますね。

後で、生乳を見ればわかりますが、これは、シリコン乳の弾力性と綿によるボリュームアップで多少のことでは潰れないようにしたからです。

程よく肌タイの伸縮性も働いて、うまく、おっぱいの形が形成されました。

ところで、今年の夏WFにハク姉さんを連れて行きましたが、実は谷間があったのです。

みんな、気づいていたかな?

注意!ここから先は、観覧注意。R-18です。お子様はお帰りください。

Img_13142_2 Img_13152

とまあ、こんな具合で生乳の場合乳首が出てきちゃうわけですよ。おっぱいの形も、うまい具合に出来ています。某所で見せたときは「これはけしからん乳だ!」とお褒めの言葉をいただき揉まれまくりました。(恥)ちなみに、この写真ではわかりにくいですが、肌タイ越しに乳首がほんのりピンク色に見えるんですよ。これは、先ほどの乳首をピンク色に塗ってあるからなんです。

|

« まいどーる | トップページ | 残暑お見舞い申し上げます »

着ぐるみ」カテゴリの記事