« としまえん | トップページ | ごめんよー(><) »

2008年6月18日 (水)

ぶらり学校サボリの旅?

「ねえ・・・学校さぼって、どこかに行こっか。」

4x6i7802

突如、彼女がそう言って振り返る・・・。

毎日決まった時間に登校し退屈な授業を受ける日々が続いた、ある日の朝・・・。

僕と彼女は、いつもの通学路を抜け出し、学校とは反対側の電車に乗り込んだ・・・。

4x6i8142 4x6i8139 4x6i8146

通勤時間帯だけど、他の乗車客は少ない。学生は僕たち二人だけ。なにやら悪い事をしている気分で、ちょっとドキドキしたけど、電車の中で彼女とたわいのない話をしていたら、そんな気持ちは何処か消えてしまった・・・。

いつの間にか電車は僕たち二人だけとなっていた。しばらくして電車は終点に到着しボクと彼女は駅を出て歩き出す・・・。

4x6i8177 4x6i8191

駅を少し歩くと、人気の少ない小さな公園があった。彼女は楽しそうな顔をして、あちこちを見て回る・・・。

4x6i7756   

しばらく歩くと水辺に着いた。遠くのほうにはビルが見える。

彼女は、ぽつりとつぶやく・・・。

「同じ都内なのに、ここは別世界みたい・・・。」

たしかに、彼女の言うとおり、この公園は、車や人々のうるさすぎる雑音が聞こえない・・・。聞こえるのは風で揺れる木々の音。鳥や虫たちの声だけだ。

4x6i78094x6i7824

そして、再び歩き出し・・・

4x6i7831 4x6i7849

・・・つい、男としての目線が・・・じー・・・。

4x6i7857

「きゃっ!?」

彼女が階段を上りきったと同時に風が吹いて、スカートがふわりとなびいた・・・。

「~むっ・・・見たわね?」

「え・・・・いや。あの・・・。」

「・・・(///)」

顔を少し赤く染めた彼女は、くるっと方向を変えて再び歩き出した。

「まってよ~。」

 

 

4x6i7900 4x6i8095 4x6i8121

4x6i8248 4x6i8267 4x6i8285

色んなところを見てまわり・・・・・

4x6i7960 4x6i7969

彼女は、振り返る・・・

4x6i7886

「うん・・・気分展開おしまいっ!帰ろっか・・・。」

彼女はそう言うと、駅に向かって歩き出した・・・。

 

 

 

 

・・・帰りの電車。

彼女は歩きつかれたのか、ボクの肩に寄りかかり小さな寝息をかけて眠っていた。

 

~終わり~

 

 

このレポはフィクションであり、登場する人物、団体、組織名、荒川チックな公園は架空のものですw

以上、6月8日に参加した「JCFあらかわ遊園」レポ終わり~♪

写真提供・ぱっどさん。ありがとさんです。

文章の知識のなさは気にしない方向でw

|

« としまえん | トップページ | ごめんよー(><) »

着ぐるみ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« としまえん | トップページ | ごめんよー(><) »